食を変えた。私が変わった。02 – KOMINNA

いつだって「今」が最高の\私/になる

オトナ女子の元気ごはん

  • 友だち追加

食を変えた。私が変わった。02

タラコみたいな食感がたのしいアマランサスパスタ♪

私は、未来食つぶつぶに出会う前は、慢性的な十二指腸潰瘍でした。
自分では、「自分は元気な方だ」と思っていましたが、胃が痛い、気持ち悪い日々が日常。
貧血、低体温、乳腺炎……。いろいろな不調を抱えていました。
未来食つぶつぶの食術を学び、実践していったことで、十二指腸潰瘍が完治したばかりか、より元気になって、和歌山に移住、関西弁圏で暮らす、という夢を叶えました。

「誰しも不調はあるもの」
「加齢と共に不調が起きてくるのは仕方がないこと」

それを自分の常識として受け入れていたら、今の私はいません。
私がどんなきっかけで未来食つぶつぶと出会い、どういう気持ちでセミナーを受けて、どう変化したのかを何回かに分けてお伝えしていきます。

つぶつぶ料理初挑戦!!結果は……。

雑誌の「つぶつぶ」に書かれていたのは、雑穀を主体とした料理でした。
菜食=野菜のイメージがあったので、こんな料理もあるんだ!と、新鮮に感じました。

また、雑穀のレシピのみではなく、生活や、歴史、心のことまで、幅広い内容が載っていました。

雑誌つぶつぶは、今読み返してみても、色あせない内容満載です。
現在「小袖ドレス」としてつぶつぶが展開しているキモノについても、この頃から発信されていたのだなぁと驚き。
ブレない軸があるなぁと、改めて思います。

……が、当時の私は、とにかく菜食のレシピが読みたかったので、とりあえずそのあたりは読み飛ばしました。(笑)

そんなわけで、雑穀のレシピは面白そうだったので、手に入る分の雑誌つぶつぶは取り寄せて購入し、今まで見たことのない、雑穀料理の写真を眺めました。

レシピはいろいろ手に入れましたが、実際作るには、雑穀が必要でした。
また、調味料もよいものを使わないといけないようです。

ですが、つぶつぶで販売していた雑穀は、当時の私には高く感じました。

お塩も、海の精、と書いてあるけれど、そこそこのお塩でいいのでは??

と、百貨店に行き、自然食品を扱っているお店で、雑穀とそこそこの塩を買いました。

そして、ドキドキしながら雑穀料理に初挑戦!

初挑戦のヒエしいたけのお味は……

\( ‘ω’)/< おいしくな~い

そう、おいしくなかった!(笑)

原因はたくさんあります。
それらは、つぶつぶ初心者さんあるあるなことです。
この体験が、今では、教室でお伝えできるコツになっています。(笑)

そんなわけで、初挑戦は見事にコケました。
口に合わない雑穀料理を作ってしまったら、興味を失う方もいらっしゃるかなと思いますが、おいしくなかったから、私はつぶつぶに興味を持ちました。

なぜなら、当時の私は、

\料理がうまくなかった/

のです!!

ですので、これはこの本に載っている正解の味ではないな、結論づけました。

じゃあ、正解ってどんな味だろう?

それが気になりました。

当時は現在のようなつぶつぶ料理教室はありませんでした。
つぶつぶの未来食セミナーを受け、条件を満たした方が、個人で開催なさってはいましたが、おそらく近くにはありませんでしたし、情報もありませんでした。

さて、どうするか。

(つづく)

つぶつぶとの出会いのきっかけになった、
「月刊つぶつぶ」!
今読み直しても新鮮です。


つぶつぶ料理教室

【雑穀と野菜が主役の料理教室 KOMINNA】で未来食つぶつぶの食術をお伝えしています!
やりたいことを思い切りやれる「私」になりませんか♪

LINE友達募集中!

『我が家の定番 つぶつぶ流野菜のおかずリスト』無料
友だち追加

関連WEBサイト・SNSリンク集